浮気の証拠を握るためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。
とはいえ、探偵への調査依頼は結構なお値段なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。
探偵に浮気の調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所の違いでお値段は違ってくるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。
探偵の特徴としては、誰かに不審に思われないよう充分に用心しながら目立たないように調査を進めるのに対して、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、先に身分や目的を開示してから公然と調査を行うことが多いです。
目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、対象についての情報収集は興信所が上手いと結論できそうです。
もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を要求しようとするのなら、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、間違いのない、裏切りの数々を確保しなくてはなりません。
貴方が、探偵に助けを求めるのならば、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、捉えてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を準備して貰えるのです。
日頃、相手の行動の様子を観察するのはだれにも頼まずにできることですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を押さえるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。
そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。
自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。
ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を請求することができません。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判所が慰謝料を決めます。
探偵が浮気調査する時でも毎回成功するとは限らないでしょう。
探偵は浮気調査をよくやっていても、失敗しない保証がごく稀にあります。
パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。
加えて、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を入手しようがないです。
しょっちゅう同じ電話番号から電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらその電話の相手が浮気相手という確率はとても高いと言えるでしょう。
それがわかったら電話番号の主を断定することができますね。
そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたあとに電話履歴を消していることも多々あり得ることです。
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーに気づかれてしまって、浮気相手と会うのを控えたりして、失敗という結果に終わることもあるでしょう。
たとえ探偵が浮気調査をしても、100%成功することはあり得ないのです。
成功報酬にするのかどうかについても、調査する前に契約書に盛り込むことが必要なのです。
結婚相手の浮気調査を委託する場合、法外に低料金だったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、それ以上、料金がかからないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。
そして、探偵社として必要な許可を取得しているのかお調べください。
違法調査を実施しているところへは依頼は控えた方がよいでしょう。
本人に気づかれないようにして、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。
浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型のカメラを用意するなどして相手にバレないように客観的な証拠を撮影してくれます。